体験者の声

TRE®サークルに参加するようになり、1年半程になります。現在は2〜3ヶ月に1回のペースで参加しています。気が向いたとき、そろそろかな…と何となく感じたときの参加で、気兼ねなく続けることができています。

私は虐待を受けて育ち、高校生の時に保護されて卒業するまでの3年間は里親家庭にお世話になりました。

子どもらしく甘えることを経験しないままに社会に出て、ただただ生きてきましたが、うまく適応できず、必要以上に緊張し不安を抱え、自分も周りも傷つけて来たように思います。30歳前にカウンセリングに通い始め、現在でも自分の内面と向かい合い、自分を整理して、何とか日々を生きています。

 

そのなかでTRE®と出会い今日に至りますが、不思議なもので、大腿の震えと共に、毎回涙がとめどなく溢れ出てきます。

特に何かを思い出したり、考えたりしているわけでもなく、自動的に…。優しい時間が流れ、安心安全のなかで、よく頑張ったね、よく頑張ったね。とあたたかい眼差しを自分に向けているように感じます。終わった後は、プール上がりのような心地よい疲労感に包まれ、スッキリします。

 

カウンセリングで言葉を発し、自分の内面を整理する。TRE®では身体に刻まれた緊張を、ダイレクトにほぐす。

この自分なりの方法に出会えた私は幸運なのかもしれません。

 

そして、プロバイダーさんの寄り添う姿勢が、参加者の安全基地となっているのだと思います。

TRE®は、一度習えば一人で自宅でできます。ただ、サークルに参加して、非日常の空間の中で、参加者、プロバイダーがいる安心安全のなかでそれだけに集中する時間が、今の私には合っているのかもしれません。ただ、行きたくないときには行かない。なぜならば、自分で自宅でできるから。その選択をできることも気楽でいいですね。日曜の朝にいそいそと自転車で出かけ、終わった後は近くのカフェでのんびりとランチをする。そんな時間をありがたく感じています。

生きていくことは簡単なことではありません。それは私のような境遇でなくても、皆そうなのだと思います。そんなとき、頑張った自分を許し、解放できるように、選択肢のひとつにTRE®があることは救いになると思います。この文章が見知らぬ誰かの、そんなきっかけになれれば良いな…そう願っています。(30代女性)

 

提供プロバイダー:宮川正人(宮城県)

TREアプリ(英語)

App-Store-logos.png
Android-logos.png

TRE書籍

61CPzWQtmyL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg
51lEPF3YVbL._SX319_BO1,204,203,200_.jpg
  • TRE for ALL
  • YouTube Social  Icon
© 2018 by TFA Japan