創始者Berceli博士から日本のみなさまへ

こんにちは。私は緊張・トラウマ解放エクササイズとして知られるTRE®の創始者のデビット・バーセリーです。

 

このホームページでみなさんはTRE®というメソッドがどのようなものであるかを知ることができます。このメソッドは軽いストレス反応から重度のトラウマを経験した方々をサポートできるようにデザインされています。これはストレスやトラウマを抱えた方々が自らの症状を軽減できるように「セルフヘルプ」のツールとして使っていただくことができます。 

 

このホームページに掲載されている認定プロバイダーから指導を受け、その後は専門家からのサポートなしにご自分で使っていただくことができます。もしみなさんが経験豊富な日本のプロバイダーから指導を受け、TRE®を経験することができれば、それはきっと楽しくまたとても有益なものになることと思います。

TRE®はとても安全で簡単にストレスを軽減できるツールです。TRE®によってより快適で喜びの大きな暮らしを実現することができるでしょう。みなさんがこのホームページからより多くを学び楽しんでくれることを願っています。

(注訳:認定プロバイダーとはTRE®のセッションを提供できる有資格者のことを指します)

 

TRE®について

TRE®は正式には「Tension & Trauma Releasing Exercise」のことです。TRE®は、トラウマ的経験による肉体的または感情的なストレス・緊張を解放しながら、身体からより健やかになっていくボディーワークです。TRE®は7つの簡単なエクササイズとそれによって起こる自然な身体の振動によって、身体が記憶している緊張パターンを脳神経を介して解放&統合させることができる素晴らしいメソッドです。

TRE®を開発したバーセリー博士は、これまでに世界中で戦地や災害地の人々の支援を国際的機関でおこなってきました。TRE®は現在60カ国以上で医師、心理臨床家、カウンセラー、ソーシャルワーカー、カイロプラクター、理学療法士などの専門家に使われています。TRE®をそれぞれの専門分野に取り入れることで、従来の治療やメソッドの効果高め、より有効な結果を実現しています。

誰にでも簡単にでき、言葉やマインドを介さずに、個人またはグループで心地よく身体から緊張を手放せるメソッドは、今まで言葉を使った一対一のカウンセリングがメインだったメンタルケアの分野では革新的と言えるでしょう。TRE®は、文化や言葉、宗教、価値観等に関係なく、すべての人類が同様に持っている身体本来が持つ緊張からの解放メカニズムを短時間で目覚めさせ、日々持続的にご自分で使うことができます。 TRE®は他のセラピーのように何度も続けて通う必要はなく(個人差があります)、ひとりでまたはグループで定期的に行うことができます。

 

ストレスや緊張を抱えていない人はいません。より自分らしく生きていくためには過去からの緊張パターンやネガティブな感情反応を手放していく必要があります。健やかに副交感神経で休息できるようになることで、身体の抵抗力の増加、うつ傾向の軽減、体力増加や妊活へのサポートなどにもお使いいただけます。また会社組織内でのコミュニケーションの向上やモチベーションの増加にもお役に立つでしょう。日本各地でプロバイダーがワークショップを提供しておりますので、ぜひ一度体験してみてください。また、体験された後に、今後TRE®をより深く知りたい、または自分も他者に提供できるようになりたいと思われた方は、認定トレーナー(CT)が指導を行うTRE®国際認定コースへぜひご参加ください。

 

TFA (TRE for ALL)とは

TRE®創始者デビット・バーセリー博士がTRE®コース認定事業を託すためにつくった米国の非営利団体のこと。バーセリ博士はTRE®コース認定事業の独立性を重んじてこの機関を創立したため、現在、バーセリ博士個人の仕事とは区別された完全なる独立機関として独自にこの事業を行っています(A Not-For-Profit 501 c3. 3303)。

TFAはTRE®トレーナーにより運営されています。TRE®国際認定を取得するとプロバイダーとしてセッションを提供する事ができるようになりますが、トレーナーになるためには、更にトレーナーとしての訓練を受けてバーセリ博士とTFA理事会の承認を受けることが義務づけられています。 日本のTRE®指導士認定コースは2012年に始まり、2016年2月まではNPO法人TRE JAPANが行っていました。現在はNPO法人TRE JAPANは閉鎖され、TREを教えることはできません。類似のメソッドがあっても、TRE®ではありませんのでご注意ください。

2016年に新しい国際認定トレーナー(CT)を迎え、従来のTRE®指導士認定コース(L1, L2)から、「国際プロバイダー認定コース」へと刷新され、日本のTRE®国際認定事業を世界同一レベルにあわせるために米国本部TFAの直接指導で行われることになりました。 トレーナーはバーセリー博士が著作権を持つ教材の使用許可を得て、世界共通の内容で国際プロバイダーを育てています。そのためにトレーナーはTFAと年間契約を結んでこれを行います。(但し、認定プロセスの詳細は各国の地理的大きさ、経済力、また政治的状況により、トレーナーの判断に任されております) トレーナーはその知識や技術を保つために、バーセリー博士またはシニア・トレーナーから毎年ごとに定期的な指導を受けて、その資格を更新します。

その際に、TFAが設定するトレーナーとしての技術または倫理的基準に達していないことが判断された場合には、一定の期間にシニア・トレーナーからスキル向上の指導を受けたうえでその資格を更新されます。それを満たさないトレーナーはTFAとの契約が更新されることはありません。 TRE®を提供するために理解する必要のある脳神経学の分野は目覚ましいスピードで進化しており、トレーナーはプロバイダーを育てる役割からも、毎年これらの医学や科学の理論の理解をバージョンアップすることが求められます。

同様に、真摯な態度で自らのスキルアップのための努力を継続することもとても重要です。トレーナー自身が自らの姿勢や倫理観の振り返りをすることで、公正で中立的な在り方を実現することができ、プロバイダーのためのよりよい環境を提供することが可能になるからです。これは、いつの時にも、その国のTRE®指導のトップに立つものとして求められている基本的な姿勢といえるでしょう。

このように、TFAは世界60カ国以上でTRE®の認定コースのクオリティー向上にむけて努力しています。TFA (TRE for ALL)はバーセリー博士が創立したTRE®のコンセプトを中心に据えて富める国も貧しい国も差別なく、すべての人々をサポートすることを目指しています。地球上のすべての人々が、自らのストレスやトラウマを解放して、より健やかな人生を送ることができるお手伝いをするために、TFAは日々邁進しています。

TRE®国際認定トレーニング

2012年から2016年2月まで日本で行われていた、TRE®指導士認定コースは、世界同一レベルの内容に合わせるため米国本部TFAの直接指導で行われることになりました。コース内容の変更に伴い、これまで使用してきた「TRE®指導士レベル1・レベル2(L1・L2)」という名称は廃止され、プロバイダーとなります。プロバイダーは資格習得後に個人または5人までのグループにTREを自分の専門領域の範囲で教えることができます。

2023年1月より、国際認定コースが完全リニューアルされます!

従来のコース内容に加え、認定トレーナー可児さえによる完全マンツーマンの5ヶ月コースが加わりました。そして従来よりもさらに密接なトレーナーとの日々の伴走によるコーチングも加わり、従来のコースよりも何倍も濃い内容に仕上がっています。

 

「人を癒す前に自分を癒す」

 

多くのセラピストコースで見落とされている部分です。

自分の癒やされていない部分をクライアントに投影してしまい、クライアントとの関係がうまくいかなくなってしまう、または自分が苦しくなってしまうことが多々あります。このことを専門用語で「逆転移」と言いますが、その言葉だけ学んでも現実を変えていくことはできません。

 

リニューアルにあたり、過去の生徒さんにたくさんのアンケートを行った結果、多くの方が指摘されていた部分です。

 

TRE®は簡単に見えるワークなのですが、学び始めてみるといかに自分の癒しのプロセスがいかに大切か、それなしには前に進めない、ということにみなさん気がつきます。

 

けれど多くのセラピストコースのように、従来のコースはプロになることのみを重視したプログラムだったため、理論やテクニック重視で、なかなかプログラム内で「自らを癒す」部分を行うことができませんでした。その結果、卒業してもその後に仕事として続けていけない、始める自信がないなど、せっかくの学びを無駄にしてしまう方が多く見受けられました。

 

今回のリニューアルで、5ヶ月間完全マンツーマン指導で自分にしっかりと向き合い、自分の身体を通してTRE®を理解していくという、世界のTRE®認定コースの中でも日本のみのスペシャルコンテンツを可能にしました!「急がば回れ」の諺にあるように、結局この部分をきちんと行うことが素晴らしいTRE®プロバイダーを育てる近道なのだと7年間を振り返ってみて思った次第です。

マンツーマントレーニングはトレーナーにとっても大きなコミットメントです。しかし、多くの生徒さんをコースに勧誘することに注力するよりも、年間たった10人でも素晴らしいプロバイダーさんを育てることの方が、今後何倍も日本のためになると信じています。

​また、前半5ヶ月の「セルフワークコース」は単独のみでの受講も可能です。よりT R E®を深く理解したい方、プロになる予定はないけれどTRE®を使ってしっかりと自分を癒していきたいとご希望の方へも対応できる「5ヶ月完全マンツーマン」のコースです。

今、世界がどんどんと混沌としてきて、自分の人生の行き先や日々の生活に漠然と不安を感じている方が少なくないと思います。外側の世界がどのようになっていこうとも、私たちが「安心安全」を感じる拠り所は、外側ではなく、私たちの身体です。

 

人類が本来持っている困難を乗り越える力、それを呼び覚ますのがTRE®です。

1年で10人。10年で100人の素晴らしいTRE®プロバイダーを世に輩出すること。それが今後10年のTFA JAPANの目標です。

2023年​改訂版「TRE®国際認定コース」にご興味がある方はこちらをクリックしてください。

 
 

体験者の声

「ひとりでもちゃんと『コントロールできる震え』が出て来たので「出来てる〜!」とすごくすごく感激しました!」(30代女性)

「大腿の震えと共に、毎回涙がとめどなく溢れ出てきます…… 優しい時間が流れ、安心安全のなかで、よく頑張ったね、よく頑張ったね。とあたたかい眼差しを自分に向けているように感じます」(30代女性)

「自分の中に溜まったものを出したいという衝動にかられ、短時間長時間の組み合わせをすることで自分自身が元気になって行く気がします」(G.Kさん 60代)

「いざとなれば、自分の体を休める方法を私は知っている、コントロールできる方法があると思うだけで、実際にTRE®に取り組むことはなくても、気持ちに余裕がでる感じがします」(H.Hさん 30代)

「私にとって、可児さんとの個人セッションは、人生の荒波を乗り切る船のメンテナンス、そしてバージョンアップの時間である」(R.Aさん40代)

「セッション中に、思考は、動かないのに涙が出てくるのが不思議でした。いつもは頭がパンパンになるのが、パンパンにならずにいられました」(40代女性)

「普段から身体の不調があり、上を向いて寝れず、朝起きると首が痛かったのですが、TRE®を受けた後、朝まで上を向いて(仰向けで)寝ることが出来ました」

(30代男性)

「自分の身体を信じていいんだ、身体は、私以上に分かってくれている。大丈夫、という安心感と喜び」(南ひとみさん 30代)

「一番素晴らしかったのは、お互いの振動を見守っていた時、お互いの腕や肩や頭にそっと触れたときでした。自分のパートナーが完全に無防備で、自分をありのままに手放している状態を見守る体験。それは私にとって、普段言葉を介してではできない、彼とのつながりを感じられたかけがえのない体験でした」 (C.Wさん40代)

「自分の気持ちに対する肯定感が持てるようになり、戸惑いもありますが少し楽になりました。気持ちを言葉にするのが苦しくなく表現しやすくなった気がしました」(40代男性)

「不安感、恐怖感、動悸、不眠etc.感情のコントロールもうまくできず情緒不安定で苦しい毎日…体の震えと共に涙があふれ、終わった後は、しばらく動悸もおさまり、その夜はぐっすり眠れました。家でも続けています。毎回涙が止まりません」(50代女性)

 

​お問い合わせ

TRE®プロバイダー認定トレーニングに関するお問い合わせはこちらでお受けいたします。
各地のイベントまたプロバイダーへのお問い合わせはプロバイダーリストより直接それぞれお問い合わせください。 
各イベント及びワークショップは、プロバイダーが個人事業で行っているものです。
個々のイベントのご質問等はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ頂きましてありがとうございます。 また後日あたらめて担当者から連絡をさせていただきます。 もうしばらくお待ち下さい。 よろしくお願い申し上げます。